So-net無料ブログ作成
検索選択

飯伏W契約 [プロレス]

飯伏幸太が新日本とDDTの2団体とW契約を締結することが発表されました。非常にいいことですね。棚橋・中邑・オカダの他にIWGPチャンピオンとしてビッグマッチをまかせられる選手が必ずしも多いわけではないので、柴田と共に重要なタイトルコンテンダーになるでしょう。本人はJrで活躍したいとコメントしていましたが、なんといってもヘビー級チャンピオンになる飯伏に期待してしまう。すごく楽しみです。
今後、新日本がビッグマッチの数を増やし、全世界にPPVマーケットを拡大していくためには選手層を厚くすることが必要不可欠です。現在もビッグマッチに参戦しているので大して変わらんやん?という気もするが、CHAOSやバレットクラブと本隊の対戦などに組み込みやすくなるし、飯伏を他団体に出さないという意味での囲い込みもできた。これって結構重要なことだ。
ところで、今回のW契約により、世間にアピール可能な人材だというような意見が多くみられますが、そういった意味でのスーパースターになる必要があるのだろうか?
飯伏のパーソナリティはコアな人に響くものだし、昭和のプロレスの猪木さんや長州さんがメジャーなのもただ単にゴールデンタイムでやっていたからというだけだと思う。
今やらなければならないのは、プロレスならではのムーブや意地の張り方、敗者の美学ということを世間に届けることだと思う。そういうことを感じ取った人が、長くプロレスを見てくれるものだと思う。
飯伏の良さはプロレスを見てきた期間が長い人も短い人もその魅力がわかることだ。新日本の飯伏に期待しましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

1.4 [プロレス]

熱かったG1が終わり、少しお休みモードのようですが、今後は1.4に向けたストーリー作りが本格化するものと思います。
外敵という観点では、柴田・桜庭・KENTA・飯伏が予想されます。その他では船木・武藤、昨年流れた橋本大地も有力候補です。
 オカダvs内藤(IWGP)
 中邑vs飯伏(インターコンチ)
 棚橋vsKENTA
 後藤vs柴田
 永田・中西vs船木・桜庭
 天山・小島vs武藤・橋本
メインが弱いですね。こっちの方がいいかな。
 オカダvs中邑(IWGP)
 棚橋vs飯伏(桜庭)
 内藤vsKENTA(飯伏)
 後藤vs柴田
なかなか難しいですね。もうちょっと時間が経たないとわからんね。
10月の両国で生まれるストーリーもあるでしょうし、全日本が無謀にも開催する両国大会もある。ここで集客するには、新日本かノアの協力は必要不可欠。新日本が協力するのであれば、1.4とのバーターになる可能性が高い。お手並み拝見です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

優良外国人はどこに [プロレス]

三冠ベルトが馬場家に返還されることが話題になっています。3つとも馬場さんの所有物だったのね。
由緒あるベルトがなくなり、この時点でもう全日本プロレスと呼べるのだろうか、という気がするが、ここで一つ古き良き全日本から学ぶべきことがあるように思う。
全日本プロレスには外国人レスラーが沢山来た。ロートルレスラーもいたが、イキのいい外国人タッグチームもたくさん招聘していた。
諏訪魔・潮崎・秋山などいい選手もいるが、マッチメイクにも限界がある。早く、外国人で核になるレスラーを獲得すべきだ。諏訪魔も潮崎もそれぞれ外国人レスラーを迎え撃つ立場になってほしい。そこで名勝負を作る力も養われるはず。広告宣伝ももちろん大切だが、今の全日本には日々のマットを充実させることが最優先だと思う。
元WWEスーパースターならいい、というわけではないが、手っ取り早い気はする。少なくとも定期参戦するレスラーがいないと定着しようがない。
ガチンコセメントプロレスができるかどうかは知らないが、多少なりともイキのいい試合のできるレスラーはいるように思う。課題はやっぱり金ですかね...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

全日本プロレスの観客動員 [プロレス]

新生全日本プロレスのここ2回の後楽園ホールですが、観客動員が952人、754人となっている。
実数発表を徹底することは真摯な姿勢という風潮がありますが、そもそもこんな情報は必要なのだろうか。「やっぱり厳しいなあ」とか「ガラガラの会場じゃ盛り上がらんなあ」と感じる人の方が多いのでは。
今、全日本に必要なのは、技や意地の攻防で新日本と差別化することだと思います。少ないギャラでも、高い技術を持った選手があがりたくなる純粋な王道プロレスの復興を目指すことが将来的にもいいのではないか。
実数発表なんてどうでもいい。大物外国人でなくてもいい。海外へ行ってスカウティングした気配もないし、新生全日本の新たなキーワードもない。そういう努力が少なすぎるのではないか。広告をうつなんていうのはブシロードの二番煎じ。潮崎がモデルの真似事をするなんて、全くどうでもいい(案自体はいいと思うけど)。
私が思うに、やっぱりノアとの交流を開始すべきだと思う。バーニングへの抵抗があることは間違いないが、白熱の試合は期待できる。例えば、年に1回だけ交流戦を行い、それを定期化すればどうだろう。春はチャンカー、秋はノアとの交流戦シリーズというように核ができる。交流戦をタッグだけにしてもいいだろう。
とにかくプロレスの質で他を圧倒するあの四天王プロレスを非新日本で実現することを目指すのが一番いいと思う。
白石さんは嫌いだが、マット上は頑張ってほしいもんです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

W-1 [プロレス]

W-1の旗揚げが近づいてきました。
Xだらけのカード発表については、これもアリかなとは思うものの、ショボイレスラーが正体だった時のがっかり感はハンパないと思うので、自らハードルをあげたとも言える。
他団体と外国人の参戦という話だが、そんなにいい人いたっけ?一番戦力の厚い新日本は同じ日に興行が入っているので、参戦なしかなと思っていたところ、棚橋と石井のメキシコ遠征が発表されました。
棚橋は9/8まで欠場、石井は9/8から欠場になっていた。これってW-1参戦組ということでは?
参戦するなら棚橋は武藤とのタッグかな。そこにボブ・サップあたりも絡むんだろう。石井ちゃんは近藤か船木あたりかな。
そういえばレジェンドレスラーという線はありだ。長州さんや藤波さんは今でも短時間ならいいファイトをするし、入場曲で盛り上がれる。1回目は盛り上がった方がいいしね。
武藤の理想とするマットは金のかかるものだろうし、最初から実現できるとは思えない。地道にリピーターを増やしていくしかないだろう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

新日本の充実ぶりは凄いね [プロレス]

G1クライマックスは内藤の優勝で幕を閉じました。内藤とは思いませんでしたねえ。
内藤の復帰でさらに戦力に厚みがでたことは喜ばしいが、まだ棚橋・中邑・オカダの3強とは差を感じる。例えば3強は、ハードな相手も大型外国人も技巧派でもそれぞれにマッチした試合の盛り上げ方ができる。
それに内藤は怪我明けであり、いきなり優勝してしまうことにも違和感を感じる。柴田・飯伏・石井といった選手の激闘と比べると印象も弱い。
そういう段階で優勝してしまうと、何となく強引さを感じ、気持ちよく応援しにくい。優勝せずとも、田中にリベンジしNEVERを盛り上げることでファンの信頼感を獲得していってもよかったように思う。なんだかんだ言っても華のある技巧派は貴重なので、うまく使ってほしいものです。
今回のG1では、大阪大会と最終日の両国を地上波で観ましたが、今の新日本マットの充実ぶりには目を見張るものがあります。個性豊かな選手がものすごく多く、日々の試合の中でこなれた攻防が迫力を作り出している。外部要員の登用も本当にいい仕事のできる人だけがあがるマットになっている。最高です。
ところで、優勝した内藤には1.4の挑戦権利書が与えられましたが、オカダvs内藤かなあ。オカダvs中邑がいいと思いますが。中邑はKENTA迎撃にまわるんですかね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

G1開幕 [プロレス]

G1クライマックスが始まりました。どこも超満員で盛り上がってるようですねえ。
開始早々有力3選手(オカダ、棚橋、中邑)がつまづくというのはある意味ありがちなパターンですので、今後盛り返すと思いますが、オカダの負けた相手がどうも気に入らない。最近のビッグマッチで戦った相手との1勝1敗方式じゃないの?という気がしてしまう。
後藤は常にいいファイトをしているので、それほど抵抗感はないのだが、あとはねえ。Bullet Clubが徹底的に介入しているのならまだしも何となく中途半端だし。
オカダでまわしているのだから、オカダの負ける相手は3強か鈴木みのるぐらいに限定してほしい。あとは引き分けとか反則絡みとか。
まあ、しかし柴田・飯伏・石井といった面々の活躍は確実にG1を活性化している。石井は少なくともタッグ戦線に参加させたいね。
Get Sportsでの放送も決定しているので、決勝戦へ向けての勝敗でファンをがっかりさせないよう期待します。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

飯伏vsオカダ [プロレス]

DDT両国大会で飯伏vsオカダが実現することが発表されました。ものすごく夢のあるカードですね。肉体やファイト内容で他の追随を許さない説得力をもった二人であり、勝敗を超えて興味のわく素晴らしいマッチメイクですね。また2人とも変にマイクアピールとかがうまくないことも好感が持てます。
メジャー感あふれる選手の大会場での闘い。楽しみです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

G1クライマックス出場選手発表 [プロレス]

今年のG1クライマックスの出場選手が発表されました。期待されたKENTA参戦は実現しませんでしたが、柴田・飯伏が出ることになりました。これはいいですね。新日本との関係も深く違和感もないし、試合の質は保証されています。柴田vs棚橋、柴田vsオカダ、飯伏vs中邑、飯伏vsみのる等々非常に興味深いです。
また、好試合連発の石井参戦もうれしいところです。(田中さんは見送られたのね)
KENTAや桜庭を温存しても各会場の爆発を実現できる予感が高まっており、本当に今充実していることを強く感じさせます。
これだけ多いと優勝予想は難しいですが、中邑かな。Aブロックはリーグ戦でかならずBullet Clubに怪我させられると思うので。

■G1 CLIMAX 23
[出場メンバー]
▼Aブロック
棚橋弘至(12年連続12回目)
真壁刀義(10年連続10回目)
後藤洋央紀(6年連続6回目)
小島聡(4年連続12回目)
オカダ・カズチカ(2年連続2回目)
石井智宏(初出場)
ランス・アーチャー(3年連続3回目)
デイビーボーイ・スミスJr.(初出場)
プリンス・デヴィット(2年ぶり2回目)
柴田勝頼(9年ぶり3回目)
▼Bブロック
天山広吉(3年連続18回目)
永田裕志(15年連続15回目)
内藤哲也(4年連続4回目)
中邑真輔(7年連続10回目)
矢野通(7年連続8回目)
高橋裕二郎(4年連続4回目)
鈴木みのる(3年連続5回目)
シェルトン・X・ベンジャミン(2年連続2回目)
カール・アンダーソン(4年連続4回目)
飯伏幸太(初出場)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ガチンコセメントプロレスという言語感覚はあり得ない [プロレス]

スピードパートナーズ社(SP社)が親会社になる時に、白石さんは数千万~億単位での投資を行い、四天王プロレスを超えた闘いを展開し、2015年以内には東京ドームへ進出することを宣言した。
先だって新日本の親会社となっていたブシロードの取り組みを見ていたプロレスファンは、白石さんの風貌と荒唐無稽な発言に不安感を覚えつつ、基本的には歓迎していたように思う。私自身もそう感じており、武藤やその周辺の人がうまく使うだろうと思っていた。
しかし、ガチンコセメントプロレスという二律背反するものを標榜したり、新日本を結果の決まった試合と断罪し、熊や長州批判といった的外れなアピールをしはじめた。バーニングの参戦はあったものの、ブシロードのように戦略的な投資行動も見受けられず、大変不安になっていた。それでもまだ、最初の頃はこういったやりとりが武藤派との抗争を画策したアングルなのかという気もしていた。計画倒産のための分裂もあり得ると思っていたので。
しかし、その後の武藤派とのあつれきは専門誌を媒介してヒートアップし、ついには分裂に至ってしまった。私自身は武藤全日本の信者でもないし、積極的にウォッチしているわけではない。しかし、ガチンコセメントプロレスなどという馬鹿げた言語感覚を持ち、プロレスの根本を理解していない人が社長でいる団体を見るわけにはいかない。
一般紙の人が白石さんをメジャー団体の社長としてインタビューしたら、あの人がプロレス界を代表した経営者ということになる。こんなことは許されない。
週刊プロレスが展開した武藤への恩義などというのはレスラーには関係ないし、そんな浪花節で飯は食えない。そもそも白石さんを連れてきたのは武藤や内田さんだ。しかし、あの人が社長でいいと判断している時点でそういう人たちを応援する気にはなれない。全日本への残留を決めた諏訪魔選手は現在の日本プロレス界を代表する逸材だ。残念でならない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。