So-net無料ブログ作成

後藤IWGP挑戦 [プロレス]

後藤のIWGP挑戦が決まりました。大半の人が思っているでしょうが、たぶん獲れません。
オカダの安定感や名勝負を作る能力は高く評価していますが、個人的には後藤の方が好きなんです。あの受けは凄い。しかし、大会場連発の新日本ではオカダが王者の方がいいんでしょう。
そもそもIWGPのコンテンダーは誰なのか?わかりにくい。インターコンチとNEVERがあるのが原因なんですが、まずNEVERの位置づけを何とかしてほしい。必ず他団体の選手とするとか、年に1回トーナメントを開くとか、差別化をしてもらえないと感情移入ができない。
例えばNEVERのご意見番みたいな人をたてて、その人のメガネにかなった人が挑戦するというのはどうだろう。その人が各団体へ行って、これはという人に直接リング上から挑戦を呼びかけるとかすれば、それぞれ活性化につながるように思う。
そういう位置づけに早く移行して、IWGPとインターコンチの2枚看板で進めてほしい。インターコンチもいっそのこと海外戦略用でもいいのではないか。積極的に海外進出をはかり、ROHででもいいので、定期的に防衛戦をするのもいいかもしれない。
後藤の話からそれてしまったが、今年は柴田との桑工タッグでベストタッグチーム賞を狙ってほしい。ガンバレ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。