So-net無料ブログ作成
検索選択

1.4 [プロレス]

1.4ドームが終わりました。私の予想を裏切って、オカダが防衛しました。まあ良かったのではないでしょうか。内藤はこれからの試合内容でファンの信頼を獲得すればすぐにチャンスは来るでしょう。
棚橋が勝ったのは意外だったのですが、すぐにリターンマッチが組まれて納得しました。最大の驚きだったビッグマッチの連発を成功させるには、IWGPとICのチャンピオンは重要な役割を担います。オカダ・棚橋・中邑でまわすしかないですかね。
後藤vs柴田の評価が高いのはうれしいですね。昨年の私的ベストバウトは大阪の後藤vs柴田でした。いわゆる新日本の闘いを見たという声も多いですが、私は別にそういうとらえ方をしていません。プロレスが好きでプロレスを職業に選び、そこで友人同士が最高の好敵手として闘えるというのは、誠に羨ましく、胸を打ちます。そのことを2人とも大いに感じながら試合をしていることが伝わるからいいんです。
プロレスに長くかかわるとそういった時間軸を持ったエピソードや出来事に心が動くんです。桜庭の試合にも田村とか高田さんが入ってきてほしいのですが...。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。